人工妊娠中絶とは


胎児が母体外で生存できない時期に、
人工的に妊娠を中断させ胎児を母体外に取り出すことです。
人工妊娠中絶が法律的に可能なのは妊娠21週(21週6日)までです。
また、早い時期に中絶を行った方が母体への負担が少ないので、早いほうが良いでしょう。
当院では、妊娠3か月末(11週末)まで行えます。

※妊娠週数の数え方※
最後の生理の第1日目を0日として6日までを妊娠0週、
7日から13日までを妊娠1週として数えます。

手術を受ける際に必要なもの


まず、人工妊娠中絶手術を受けるには、同意書が必要となります。
本人と配偶者もしくは相手の男性の署名、捺印が必要です。

初めて手術を受けられる方へ


中絶はしないにこしたことはありませんが、
一度中絶をしたからといって、次の妊娠ができないことは滅多にありません。
大切なことは、赤ちゃんが大きくなる前に、早く産婦人科医に相談することです。

どうぞお気軽にご来院、ご相談(お電話で)ください。

診療案内

産科外来

婦人科外来

内科外来