■子宮内膜症とは


ご存知のように、月経というのは子宮の内側の内膜が月に一度、はがれ落ちて出血してくる現象です。


子宮内膜症とは、本来子宮の内壁にしか存在しないはずの子宮内膜が、
子宮の外側のあちらこちらの腹膜の上にできる病気です。
そして月経同様、月一度定期的に出血が起こり進行していく病気です。
つまり、「子宮付近のお腹の中で、月に一度小規模の月経が起こっている状態」を
イメージされたら分かり易いかもしれません。

子宮内膜症が進行するとどうなる?


進行すると次第に出血病巣が広がり、いろいろな程度の痛みを引き起こします。
また、卵管周囲で出血した病巣同志が癒着してくっつき合い、
ひきつれが起き卵管の通りがわるくなると、不妊症の原因となる場合があります。

子宮内膜症の自覚症状は?


子宮内膜症の自覚症状には、
・月経痛
・月経時以外の下腹部痛や腰痛
・性交痛
・肛門奥の痛みや排便痛
・不正子宮出血やレバー状の血塊
・不妊状態
などがあります。このような方は要注意です。

以下のような方も要注意!


生理痛により、学校を休んでしまう、会社で仕事ができなくなってしまう…など
色々な悩みを抱えた患者さんは当院にも多く来院されますが、
その多くは「生理は痛いのが当然と思い込んでいました」とおっしゃいます。

「痛い」という感覚は個人差があり、人と比較することが難しいため、
自分の痛みの程度を認識することは難しいかもしれませんが、
少しでも生活に支障をきたすということであれば、
子宮内膜症である可能性は十分に考えられますので、一度ご相談ください。

子宮内膜症はお薬で改善することができます


「もしかして、自分は子宮内膜症なのかな?」と不安になった方もご安心ください。
診察によって、子宮内膜症であることが判明した場合も、お薬により改善することが可能です。
当院に通院されている子宮内膜症の患者さんのほとんどの方がその効果を体感していらっしゃいます。
いずれにしても、少しでも不安のある方は一度受診されることをおすすめします。

■子宮内膜症の診察・診断の流れ


(1)問診
ゆっくりお話をして、診察や症状に関しての疑問にしっかりお答えします。

(2)腹部エコー
腹部エコー(お腹から超音波を当てて腹部を見ること)によって、
子宮筋腫(子宮の筋肉にできたコブ)や、子宮腺筋症(子宮の筋肉の層に出来た内膜症)、
チョコレート膿胞(内膜症によって卵巣に血が溜まったもの)が、合併していないか調べます。

(3)内診(又は直腸診) ※希望される方のみ
【子宮内膜症と診断がついた場合】
主に、お薬による治療によって、
月経痛、下腹痛、腰痛、性交痛、排便痛、頭痛、吐き気、不正子宮出血、
ほか、様々な症状が改善されますので、ご心配はいりません。

■子宮内膜症の治療方法


子宮内膜症と診断された場合は、お薬(一部漢方薬も含む)により治療を行います。
最短で1か月程度で月経痛、下腹痛、腰痛、性交痛、便秘痛などが改善により、
効果を実感していただけると思います。

お薬による副作用について


一部お薬より、頭痛、肩こり、体重増、にきびなども副作用が起こる場合があります。
このような副作用を気にされる場合や、他院で副作用のでた方に対して、
当院では特殊な代替医療食品(酵素)もご用意しております。

こちらは、当院にて約10年間の臨床使用において、
従来の薬物療法以上の治療効果(月経痛、下腹痛、腰痛の軽減、月経時の月経血量の正常化)を
確認しており、安心して服用していただけると思います。

また、副作用を気にされる患者さんに非常に定評があり、さらに不妊症の治療にも効果的です。

診療案内

婦人科外来

産科外来

内科外来