更年期障害が起こる時期について


生理が止まる、5年程前から。

更年期障害の症状について


一番多いのは、顔のほてり、突然の発汗です。

更年期障害の治療について


ほてり・発汗などの治療として、一番即効性があるのは、
女性ホルモンの入った貼り薬を2日に1回、お腹に貼る方法(治療)です。
女性ホルモンの入った内服薬・注射(1回/月)ございます。
漢方薬による治療も可。

その他…
■不安
■うつ
■冷え
など、更年期障害特有症状に、それぞれ最適な治療法がございますので、
どうぞ、お早めにご来院ください。

診療案内

婦人科外来

産科外来

内科外来